50代から生涯暮らすリフォーム

天野彰・天野彰人共著

人生100年時代、50代は折り返し点です。長年日本人の住まいを見つめてきた建築家親子が、これからの人生をどう暮らすかをテーマに快適なリフォーム術をアドバイス!実際に手がけた最新事例を基に、写真とイラストでわかりやすく全47の手法を提案します。本当は家のことを 50 代で考えるなどとは遅いのではないか、と思います。 30 代、 40 代で家を建てた人は、その時に 80 年、 90 年という自分自身の人生時計を連想しながら家をつくっていれば、50代で慌てることはないのです。また、今日のように社会問題になっている「空き家」にもならないのです。単なるハウツ ーにとどまらず、実際設計した住まいの中にイラストにて生活を描き、これからの住む人の人生を考え、いかに活き活き生きていくかを考える本にしています。

50代はもちろんですが、同時に若い世代あるいは高齢世代にも自分たちのこととして考えていただく本です。

脳が若返る家づくり 部屋づくり-生き生き暮らせるおすすめプラン36-

住まいは、人の心や脳に日々影響を与えます。本書は、簡単なリフォームや少しの工夫でできる脳を活性化させる住まい作りを提案しています。36の具体的なアイディアとプランは、思わず納得するものばかりです。必ずしも広い家やバリアフリーの家がよいというわけではなく、若々しい気分で暮らせる家にするために何が必要か図版入りでわかりやすく解説しています。

「おひとりさま」の家づくり

家づくりは「おひとりさま用」をベースに考えれば、万事うまくいく。
ひとりでも家族とでも、本当に人間らしく暮らせる家とは?
住む土地や良い物件の見分け方、趣味の空間を優先する間取り、
大地震にも強いのにおしゃれな構造、防犯や省エネの秘訣、
設計士や工務店の選別法や交渉術、資金調達のテクニックなど、
豊かに生きていくための実践法や豊富な実例が満載。51の「Q&A」を読めば、
「理想の家」が見えてくる。

転ばぬ先の家づくり 100歳になっても安心なリフォーム&新築術

元気な暮しは家次第。超高齢化社会は他人事ではない。
50代、60代の今、手を施さないと、あなたは家とともに朽ちていく。
アトリエ4Aの手がけた住宅のリフォーム・新築及び高齢者施設の実例を紹介しながら、
100歳になっても安心な家づくりの考え方を説明しています。

六十歳から家を建てる

匠三代

「第1巻~第4巻」(原案:監修、天野彰)

『減築のすすめ』

「減築」は地球温暖化、そして少子高齢化社会を生き残る哲学である!辛口の建築評論で知られる著者が、現代の日本社会が抱える住宅問題の解決策を提案するとともに、疲弊した現代日本社会の再生法を伝授する。

『ライフステージにあわせた家づくり』

建築家が考える「良い家相」の住まい

夫婦の家

1 2 3

logo

書籍紹介
一番上に戻る